TOPページぱちんこいろは > ぱちんこの歴史

ぱちんこの歴史

1925年

この頃、大阪で横型コリントゲームを改良したものがパチンコの発祥との説がある。

1930年

名古屋でパチンコ店が開店。貸玉料金は1円。

1937年

現在と同じ鋼球式のパチンコが登場。

1942年

戦時中によりパチンコの全面禁止。

1946年

パチンコの復活。

1948年

風俗営業取締法制定により、パチンコは許可営業となる。

1949年

貸玉料金が2円になる。

ニューギン設立。(旧名称は丸新物産)

1950年

竹屋設立。(旧名称は竹屋商会)

1951年

西陣設立。(旧名称はソフィア)

1952年

享楽設立。

大一商会設立。

1953年

パチンコ店387,664軒、製造メーカーは約600社となり、一大ブームの到来。

1954年

それまでの主流だった「連発式パチンコの禁止」により、全国軒数が半減。

1958年

藤商事創業(設立は1966年)。

1960年

「チューリップ」の登場。

豊丸設立。

平和設立。

日本遊技機工業協同組合(現、日本遊技機工業組合の前身)結成。

1965年

オリンピアマシン(パチスロの前身)登場。

1965年

SANKYO設立。(旧名称は三共)

1972年

電動式ハンドル認可。

貸玉料金が3円に。

1973年

タイヨーエレック設立。

1975年

サミー設立。

1978年

サミー設立。

貸玉料金が4円に。

1979年

高尾設立。

サンセイR&D 設立(旧名称は三星)

1980年

デジパチの元祖『三共フィバー登場』

1980年

羽物の元祖『ゼロタイガー登場』

1982年

権利モノの登場

1983年

ビスティ設立。(旧名称は大同)

1985年

保安電子通信技術協会によるパチンコ機の検定制度開始。

1988年

フィールズ設立。(旧名称は東洋商事)

警察庁が「CR機構想」を発表

日本レジャーカードシステム設立。

1989年

日本遊技関連事業協会設立。

1990年

最大大当たりラウンド数が10ラウンドから16ラウンドに緩和。

確率変動導入。

1992年

初代CR機『CRフラワーショップ」登場』

1996年

遊技機内規変更。確変の2回ループの禁止により、5回リミッター登場。大当たり確率の下限を1/360に規制。射幸性が高いとみなされた機種を自主撤去。

1999年

遊技機内規変更。大当たりの確変割合と大当たりの出玉数に応じてリミットを設けるようになり、5回リミッターが事実上の撤廃。「最低賞球数&最高賞球数」が「5&14」または「5&15」の機種の場合、大当たり確率の下限を1/320に規制。

2002年

遊技機内規変更。最低賞球数が5個から4個に。大当たり確率の下限が、賞球に関係なく1/360に緩和。大当たり終了後の時短が認可。

2005年

遊技機内規変更。1/500にまで緩和された大当たり確率の規定が見直され、下限が1/400となる。

2006年

、「みなし機」の完全撤去。※みなし機とは認定期間の過ぎた機種

2008年

遊技機内規変更。連続予告の解禁。これにより以前禁止された保留先読み予告が可能となる。

2009年

遊技機内規変更。「出玉なし通常大当たり」は大当たりの確率計算から除外した上で、下限400分の1を遵守(確率計算から除外しない場合は、1ラウンドあたりの特別電動役物の開放時間を6秒以上にして出玉を得られるようにする)